*

ビジネスローンと体験談について

ビジネスローンとは、

銀行・銀行系ノンバンクが提供する中小企業向けの融資で、
一般の国民生活金融公庫や銀行融資に比べて審査が非常に早く、融資も非常に早く行われます。

そして、銀行融資に比べると資料提出も少なくて済むため借りやすくなりますが、
その一方で金利や手数料が高くなるという点があります。

ビジネスローンを選ぶ時は低金利・低手数料がポイントですが、
それは金利や手数料というのはあまり意識しない人が多いかもしれません。

これらは1%違うだけでも返済期間(3~5年間)で考慮すればとても大きな金額となるのです。

また、会社の信用性もポイントとなるので、
インターネットで会社を利用した体験談などを調べてみると良いでしょう。

しかし事業者からすると、
低い金利よりも即日融資などスピードを重視することが当然です。

また、銀行では貸してくれない場合はビジネスローンが最後の頼みの綱だったりします。

取引先のため従業員のため・・・また家族のために実際は躊躇している暇はないのです。
会社を危機を乗り切るため事業者は自分を汚す覚悟も必要なときもある。

みなさんも同じ境遇や経験はあるはずです。

関連記事

no image

ロプロのエール500(ビジネスローン)

ロプロのエール500は、「日本を元気に!」を合言葉にがんばる自営業者の方、中小企業の方を応援し

記事を読む

no image

新規お申し込み!ビジネスローンのオーナーズ セレクト カード

【オーナーズ セレクト カード】は新生銀行グループの「シンキ」が提供する法人代表者・個人事業主様

記事を読む

法人と個人事業主の違い

はじめてのビジネスローン活用とデメリットについて

ビジネスローンと自己資金の活用はどちらが先か? できれば自己資金はなるべく保管しておき

記事を読む

no image

無担保ビジネスローン

銀行や国金から融資が受けられる・・・・。 そうゆう時期は資金繰り的にはまったく問題はありません。

記事を読む

破産・ブラックでも借りられる

ビジネスローンの本当に怖い話|経営者は絶対に気を緩めないよう忠告します。

会社が行き詰まり銀行融資もうまく回せなくなってきたとき、 経営者にとって本当に助かるのはビジネスロ

記事を読む

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

個人事業ローンは基本キャッシングとなんら変わらない。

事業をやっているとどうしても資金がショートすることがある。 とくに個人事業だとダイレクトに資金

記事を読む

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

ビジネスローンを上手く利用して資金繰り。

昔に商工ローンと呼ばれていたものが名称変更されてビジネスローンと呼ばれるようになりました。 中小企

記事を読む

no image

ビジネスローン借りて見ました。私の評判・評価

今月資金繰りがきびしいので下記で手続きしました。 ◎オリコ ビジネスローン(法人・個人事業主)

記事を読む

no image

共済クレジットのビジネスローン

共済クレジットのビジネスローンは「今の事業をもっと広げたい」という方を応援します。審査に向け

記事を読む

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

融資はオリックスって鉄板なのか?

事業ローンにかなり力が入っている感がありますね。 私も利用していますが、 しっかり決算書を毎

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500
ビジネスローン中小業者あるあるな風景、まず無担保ローンはありえないですよ。

オリックスやオリコ、ビジネクストなど三大ビジネスローンにはじかれた・・

借金癖をなくし会社運営できるようにする5つの方法
ビジネスローンの案内がダイレクトメールで届いてしまった場合、本当に借りていいのか?

FAX広告の受信 一度ビジネスローンの申し込みをしてしまうと・・

信用情報の怖い話
キャッシング申込みするときが一番重要で神経を使わなければならない訳

キャッシングやビジネスローンで申込みするとき、 初めて借りる方は安易

1223162556
キャッシング中毒者、キャッシングは麻薬に近い。利用する場合は強い意志を持て。経験者は語る。

今キャッシングはお手軽に借入れできるようになった。 昔のように無

信用情報の怖い話
国金の第二創業資金なんてそうそう貸し手くれない。

  創業資金なんぞ基本かしてはくれません。 実績

→もっと見る



  • にほんブログ村 経営ブログへ
    にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
    にほんブログ村 経営ブログ 経営失敗へ

PAGE TOP ↑