*

起業希望者 バブル期の半分にを言わせてください。

公開日: : コラム

新たに会社を起こそうとする「起業希望者」の数が、バブル期の1987年の178万人から、
2012年は約半分の84万人に減ったことが、経済産業省の調査で分かった。

 長引く景気低迷で安定志向が強まり、積極的に起業するリスクをとろうという人が減ったものとみられる。
政府が近く閣議決定する14年版の中小企業白書に結果を盛り込む。
(読売新聞)

この国はあまりにも事業者・起業者に冷たい・・・・。
農業従事者には手厚いのだが・・・・。

まずセーフティーネットが皆無。
国金のセーフティーなんて名ばかり。

名ばかり貸付。
国への体裁だけでしょ。

故に我々事業者にとって失敗ができなんです。
こんなに複雑でスピード感が求められるビジネスの変化にも
対応していかなければならない。

一回判断を間違うだけでもうそこには死が待っている。
この国には事業が一回失敗したらジエンドです。

こんなこと誰もやりたがらないでしょうね。
もちろん新しい企業も育たないでしょう。

関連記事

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

弁護士の倒産しなさいトラップ

「この数字じゃあ倒産したほうが良いんじゃないかな?」 さらっとしれっと弁護士は言ってくる。

記事を読む

借金癖をなくし会社運営できるようにする5つの方法

ビジネスローンの案内がダイレクトメールで届いてしまった場合、本当に借りていいのか?

FAX広告の受信 一度ビジネスローンの申し込みをしてしまうと・・・。 会社のFAXがえら

記事を読む

no image

闇金に手を出す前にできること

絶対に闇金に手をださないことを誓いましょう。 私もお金がなくなると何度も誘惑に駆られそうに

記事を読む

no image

あきらめない心折れない心

事業をやってれば悪い時の方が多い。 一年間365日資金繰りに半分くらい労力を割くことさえあります。

記事を読む

no image

まずはバンクイック、50万円とりあえず手堅い。

年収600 個人借入300 にもかかわらず、 驚愕の借入れOKがでたのがバンクイック。

記事を読む

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

中堅準大手のキャッシング会社ってあまり存在意義がないのか?

中堅のキャッシングにも私は審査をかけて、 もちろんことごとく撃沈しましたが、 感覚からいうと

記事を読む

no image

開業資金というもの。

開業資金は貯金で貯めようとか 国金で借入金分は貯金しておこう・・・。 ということがよく言われ

記事を読む

no image

もしもの時に役立つビジネスローン体験談

個人で細々と会社を経営している私の体験談ですが、 中小企業と呼ばれる会社を経営していると一

記事を読む

no image

多重申し込みの際、ありがちな大きな失敗

ありきたりの話ですが、 融資を受ける際にすごく重要なことがあります。 それは すごく簡単だ

記事を読む

no image

信用情報機関に筒抜けの個人情報

不景気のこのご時世、小規模・零細企業や個人事業主にとっては厳しい経営環境が続いていますね。 特

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500
ビジネスローン中小業者あるあるな風景、まず無担保ローンはありえないですよ。

オリックスやオリコ、ビジネクストなど三大ビジネスローンにはじかれた・・

借金癖をなくし会社運営できるようにする5つの方法
ビジネスローンの案内がダイレクトメールで届いてしまった場合、本当に借りていいのか?

FAX広告の受信 一度ビジネスローンの申し込みをしてしまうと・・

信用情報の怖い話
キャッシング申込みするときが一番重要で神経を使わなければならない訳

キャッシングやビジネスローンで申込みするとき、 初めて借りる方は安易

1223162556
キャッシング中毒者、キャッシングは麻薬に近い。利用する場合は強い意志を持て。経験者は語る。

今キャッシングはお手軽に借入れできるようになった。 昔のように無

信用情報の怖い話
国金の第二創業資金なんてそうそう貸し手くれない。

  創業資金なんぞ基本かしてはくれません。 実績

→もっと見る



  • にほんブログ村 経営ブログへ
    にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
    にほんブログ村 経営ブログ 経営失敗へ

PAGE TOP ↑