*

事業者ローンとの賢い付き合い方

公開日: : 最終更新日:2014/04/23 コラム ,

事業経営をする際、資金繰りが厳しくなることなんて、
ほんと一年中あります。

気がついたら今月末資金ショート・・・。

ときに事業に夢中になっていると、
自宅に帰って即バク睡・・・。

はっきりいって時間を作らない限り
帳面なんてやってられない。

事業者ローンは個人事業者や零細企業にとって、
無くてはならないものです。

昔のように街金っていうような、
ダークなイメージも払拭されてますので、

私も含め積極的に利用するオーナーさまも
結構多いんです・・・。

言わないだけで。

銀行の融資に比べて金利は高くなりますが、
無担保で即日借入れ可能であるケースが多いので

使い勝手としては本当につなぎ資金です。

ほんの10日だけ借りたい。
従業員の給与が10日だけ借りたい。

という具合に・・・。

SOHOや商店主といった個人事業の人から
株式会社の社長さんまで、

実はこそっと利用しているもんなんです。

しかし、ビジネスローンの審査は
相当・・・・甘くないですよ。

小額ならまだしも。
ビジネスローンとなると金額が大きくなることもあります。

オリコなんかは前期赤字で門前払いのビジネスローンなどもあります。

関連記事

no image

事業者ビジネスローンだって総量規制にかかわってくる。

もう50社以上の審査を申請し、 ことごとく玉砕してきた経験からいえること。 それは・・・。

記事を読む

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

弁護士の倒産しなさいトラップ

「この数字じゃあ倒産したほうが良いんじゃないかな?」 さらっとしれっと弁護士は言ってくる。

記事を読む

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

国はもっとお金を貸し出すべき・・・。

いつ貸し出すの・・・。 逆に今でしょ・・・。 不景気時より倒産件数も少なくなっているなら

記事を読む

no image

多重申し込みの際、ありがちな大きな失敗

ありきたりの話ですが、 融資を受ける際にすごく重要なことがあります。 それは すごく簡単だ

記事を読む

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

地方銀行のカードローンは今激あつ!とのこと

今地方銀行・信金などのカードローンが熱いです。 別に消費者金融でこそこそとキャッシングするより

記事を読む

no image

信用情報機関に筒抜けの個人情報

不景気のこのご時世、小規模・零細企業や個人事業主にとっては厳しい経営環境が続いていますね。 特

記事を読む

no image

開業資金というもの。

開業資金は貯金で貯めようとか 国金で借入金分は貯金しておこう・・・。 ということがよく言われ

記事を読む

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

クレジットカードとしても気軽に使えるからいざという時でも危険併用キャッシング

安心じゃなくて危険なんです。 キャッシング付きクレジットカードは 信用情報機関に登録されます

記事を読む

no image

もしもの時に役立つビジネスローン体験談

個人で細々と会社を経営している私の体験談ですが、 中小企業と呼ばれる会社を経営していると一

記事を読む

no image

ダメもとで動くことは悪いことではない。その1

事業者の融資に関していえば、 ダメもとで融資申請することではない。 われわれ事業者にとって企

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500
ビジネスローン中小業者あるあるな風景、まず無担保ローンはありえないですよ。

オリックスやオリコ、ビジネクストなど三大ビジネスローンにはじかれた・・

借金癖をなくし会社運営できるようにする5つの方法
ビジネスローンの案内がダイレクトメールで届いてしまった場合、本当に借りていいのか?

FAX広告の受信 一度ビジネスローンの申し込みをしてしまうと・・

信用情報の怖い話
キャッシング申込みするときが一番重要で神経を使わなければならない訳

キャッシングやビジネスローンで申込みするとき、 初めて借りる方は安易

1223162556
キャッシング中毒者、キャッシングは麻薬に近い。利用する場合は強い意志を持て。経験者は語る。

今キャッシングはお手軽に借入れできるようになった。 昔のように無

信用情報の怖い話
国金の第二創業資金なんてそうそう貸し手くれない。

  創業資金なんぞ基本かしてはくれません。 実績

→もっと見る



  • にほんブログ村 経営ブログへ
    にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
    にほんブログ村 経営ブログ 経営失敗へ

PAGE TOP ↑