*

親方雨の意味は晩に降って朝には上がる雨の事を指しています。

公開日: : 雑学・語句

親方雨 意味

親方雨は京都の丹後地方の方言

晩に降って朝には上がる雨の事を指しています。

これは、雇人がいる親方には差しかわりのない雨の事を意味しているようです。

一言で言えば差しかわりのない雨だという事ですね。

夜に雨が降るが朝には上がっている事を言い

親方にとって差しかわりのない雨であるという事ですね。

建設現場でも昼間雨が降ると中止の現場も結構ありますから、

昼間作業するためには作業の終わった夕方から降り始め、

明るくなる朝方には雨がやむのが一番理想ですね。

それが作業工程に影響がない親方雨でしょうか?

夏の暑い時期なんかは親方雨が定期的に降ってくれたほうが、

涼しく仕事ができるのですごく助かるんじゃないですかね。

まあ最近は暑すぎて逆に湿度が上がってしまうかもしれませんが、

↓はじまりはいつも親方雨?/ASKA

関連記事

環天頂アーク逆さ虹 意味逆さ虹 幸運逆さ虹 縁起逆さ虹 地震逆さ虹 スピリチュアル出雲大社 逆さ虹出雲 逆さ虹逆さ虹 埼玉お天気お姉さん 逆さ虹逆さ虹 佐賀

環水平アーク(=逆さ虹)は幸運なのか不幸なのかその現象はいったい何なの?

環水平アーク(=逆さ虹)を見ると幸運・縁起がいいのか? 風水的に虹がみられることは幸運らしい。

記事を読む

八十八夜

八十八夜とはこの日に摘んだ茶は上等なのだ・・・。

2014 八十八夜意味 2014年は5月2日 立春〔2月5日ごろ〕から数えて88日目・・・春から夏

記事を読む

20120810_147650

お土産 語源知ってますか?

語源は、宮笥(みやげ)と呼ばれた神社などの配り物と言う説が有力である。 土産は一般的に手渡すもので

記事を読む

【2億円の犬】世界一高価な犬チベタン・マスティフ

【中国2億円の犬】世界一高価な犬チベタン・マスティフは戦闘力も最強

【3月19日 AFP】中国2億円の犬 中国東部・浙江(Zhejiang)省で18日に行わ

記事を読む

ペットシッターって何ぞや?

ペットシッターって何ぞや?

ペットシッターってペットのお世話係ってところなんですかね? 特に利用する場合が多い

記事を読む

ハムケツ

ハムケツが静かなブームになっているらしい。

ハムケツ(ハムスターのお尻)が悶絶するほどかわいいらしい・・・。

記事を読む

竹魚 読み方

竹魚 読み方

サヨリ(鱵、細魚、針魚、学名:Hyporhamphus sajori)は、ダツ目・サヨリ科の

記事を読む

十五大財閥とは

【十五大財閥とは】GHQによる財閥解体指令を受けた11財閥を加えたものを、特に十五大財閥と呼ぶ。その多くは解散し、6大銀行グループに取り込まれていった。

三菱財閥(創業者: 岩崎弥太郎) 住友財閥(創業者: 住友政友) 三井財閥(創業者: 三井高利)

記事を読む

筆頭菜の読み方はあえ料理でも美味しい春を告げる田舎では身近な植物ですよ。

筆頭菜の読み方はあえ料理でも美味しい春を告げる田舎では身近な植物ですよ。

ひっとうさい【筆頭菜】《筆に似ているところから》土筆(つくし)の別名。 早春に出るスギナの胞子

記事を読む

民事再生法とは

サイバー心気症はググって心配性をさらに誘発させる実は怖い?

ネットで病気を調べすぎてノイローゼみたいになるのを、サイバー心気症というみたいです。 自分が正

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500
ビジネスローン中小業者あるあるな風景、まず無担保ローンはありえないですよ。

オリックスやオリコ、ビジネクストなど三大ビジネスローンにはじかれた・・

借金癖をなくし会社運営できるようにする5つの方法
ビジネスローンの案内がダイレクトメールで届いてしまった場合、本当に借りていいのか?

FAX広告の受信 一度ビジネスローンの申し込みをしてしまうと・・

信用情報の怖い話
キャッシング申込みするときが一番重要で神経を使わなければならない訳

キャッシングやビジネスローンで申込みするとき、 初めて借りる方は安易

1223162556
キャッシング中毒者、キャッシングは麻薬に近い。利用する場合は強い意志を持て。経験者は語る。

今キャッシングはお手軽に借入れできるようになった。 昔のように無

信用情報の怖い話
国金の第二創業資金なんてそうそう貸し手くれない。

  創業資金なんぞ基本かしてはくれません。 実績

→もっと見る



  • にほんブログ村 経営ブログへ
    にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
    にほんブログ村 経営ブログ 経営失敗へ

PAGE TOP ↑