*

ビジネスローン中小業者あるあるな風景、まず無担保ローンはありえないですよ。

公開日: : 最終更新日:2015/06/23 つぶやき, ビジネスローン

オリックスやオリコ、ビジネクストなど三大ビジネスローンにはじかれた・・・。

とは言え運転資金が足りないから、中小のビジネスローン会社に申し込もうかな?

と思ってらっしゃる方・・・・。

基本的に不動産担保物件がまず必要です。

ホームページなどでは事業ローン無担保融資などうたわれていますが、

まあよほど優良な会社じゃなければ無理です。

電話すれば担保を要求されます。

本人やご家族の不動産物件はあるか?

など・・・。

不動産担保物件がある場合がなければ、

ビジネスローンでの借入れは止めましょう。

これ以上すすむと危険です。

銀行のリスケや債務整理にシフトをきりましょう。

関連記事

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

ビジネスローンを上手く利用して資金繰り。

昔に商工ローンと呼ばれていたものが名称変更されてビジネスローンと呼ばれるようになりました。 中小企

記事を読む

全体、ロッタ、マネー-1024x1280

ノンバンク ビジネスローンの常識は違う場合もあります。

問題) ノンバンク系のビジネスローンは銀行系のビジネスローンに比べると、 審査は早く、借入もより

記事を読む

岩本乃蒼 アナウンサー

岩本乃蒼アナ画像日テレアナウンサーに首ったけTV番組キーワード録画したいなう。

いわもと のあ 岩本 乃蒼 プロフィール 生年月日 1991年9月23日 現年齢 22歳

記事を読む

TAN_uwanensyuhikusugi500

総量規制はビジネスローン・法人や事業主の借入には問題がありません。

総量規制とは借入総額が原則、年収などの3分の1までに制限するという仕組みです。この仕組みは個人の

記事を読む

借入れ診断をかけても「ご融資可能」

【お借入診断】大変申し訳ございませんがご入力いただいた内容だけでは判断することができません。は借りるな!

よくキャッシングのインターネットHPの「お借入診断」で診断してから借入れを申し込むと思うのだが、

記事を読む

法人と個人事業主の違い

はじめてのビジネスローン活用とデメリットについて

ビジネスローンと自己資金の活用はどちらが先か? できれば自己資金はなるべく保管しておき

記事を読む

no image

新規お申し込み!ビジネスローンのオーナーズ セレクト カード

【オーナーズ セレクト カード】は新生銀行グループの「シンキ」が提供する法人代表者・個人事業主様

記事を読む

ビジネスローンの申請書類や電話応対

意外と知らない申請書類や電話応対はきっちりしてますか?キャッシングやビジネスローン申請では大事です。

見てますよ。社長のこと・・・・。 業者との接点は2点。 申込み書類と電話対応。

記事を読む

不動産担保ローン

不動産担保ローンなら初心者であったも無理なく融資を受けることが可能

不動産担保ローンというものは、自らで所有している財産的価値のある不動産を担保としながら、金利

記事を読む

ナスカの地上絵がある所はどこ?グーグルアースで見てみよう。

ナスカの地上絵がある所はどこ?グーグルアースで見てみよう。

→Google Mapで確認することができます。 ・ハチドリの地上絵 ・コンドルの地上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500
ビジネスローン中小業者あるあるな風景、まず無担保ローンはありえないですよ。

オリックスやオリコ、ビジネクストなど三大ビジネスローンにはじかれた・・

借金癖をなくし会社運営できるようにする5つの方法
ビジネスローンの案内がダイレクトメールで届いてしまった場合、本当に借りていいのか?

FAX広告の受信 一度ビジネスローンの申し込みをしてしまうと・・

信用情報の怖い話
キャッシング申込みするときが一番重要で神経を使わなければならない訳

キャッシングやビジネスローンで申込みするとき、 初めて借りる方は安易

1223162556
キャッシング中毒者、キャッシングは麻薬に近い。利用する場合は強い意志を持て。経験者は語る。

今キャッシングはお手軽に借入れできるようになった。 昔のように無

信用情報の怖い話
国金の第二創業資金なんてそうそう貸し手くれない。

  創業資金なんぞ基本かしてはくれません。 実績

→もっと見る



  • にほんブログ村 経営ブログへ
    にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
    にほんブログ村 経営ブログ 経営失敗へ

PAGE TOP ↑