*

兵站を無視した戦線拡大経営は日本軍と同じ…すき家も陥った失敗の法則

公開日: : 経営コラム

1名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/09/20(土) 16:00:00.52 ID:???

成功企業が実践する「当たり前の経営」 

 経営の世界では「ブルーオーシャン戦略」や「プラットフォーム戦略」など、とかく新しい何かが求められる傾向にあります。経営者は常に不安であるため、確実に成功できる「勝つ法則」を求めたがるものです。

 しかし、ほとんどのことは言い尽くされています。成功する人や企業ほど、革新的な手法などではなく、当たり前のことを当たり前に、 愚直にやり続けているという。

運の世界へ飛び立つ「恐怖のV字ターン」 

 ビジネスを「運の影響度合い」で分けることを提案しています。たとえば、中小企業の場合、創業期は運の影響度は高いはずです。そこから技術力を高め、顧客名簿を増やしながら実力の影響度を高めることになります。しかし、いつまでも実力を高める
ことをせず、運に頼った経営を続ける人もいます。

 さらに、実力が多少ついた段階で、規模拡大を狙い、運の世界へ飛び立つ経営を選択してしまう人もいます。著者はこのことを 「恐怖のV字ターン」と呼んでいます。

 人材の育成も追いつかないまま、売上を上げるために出店を繰り返す。戦争にたとえれば、補給や輸送、整備などの「兵站」を 無視した戦線拡大であり、戦前の日本軍の失敗と同じです。最近の「すき家」の失敗などは、まさに典型例ではないでしょうか。 

 やみくもに売上・利益を増やすことを目指すのではなく、年々実力をつけ、運の影響を減らしていくべきだと主張しています。 当たり前の積み重ね、兵站の重要性を説いています。こういったリスクを減らす経営には、私も同意します。

「兵站」を無視して進む決断が「吉」と出ることも

 この考え方を重視しすぎると、会社の発展が心配になるという点です。起業して一気に行くときは、兵站すら無視し、ある程度の成果
を挙げてから兵站を気にするようになる会社のほうが、10年後の安定度は高いと感じています。

 兵站を無視した戦線拡大は「失敗の法則」の一つであることは確かでしょう。しかし、「それでもなお進む」という決断 が吉と出ることがあるのも、経営の面白いところです。運の世界へあえて飛び出し、戦線が拡大しすぎないうちに、うまい具合にバランス
を取るのです。

 このバランス感覚を経営者がどの程度持っているかが最も重要でしょう。バランスを「崩す→取る→崩す→取る」という感覚です。この感覚の優れた人が、会社を長期的に伸ばすことができるのではないでしょうか。

 
ソース(弁護士ドットコム) http://www.bengo4.com/topics/2070/

26名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/09/20(土) 16:43:21.69
ほんと勝負って運の使いようだよね 運をどう戦略的にきちっと使用できる人が

勝てなくても負けずに大きくなっていくんだろうね

79名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/09/20(土) 19:04:03.94
「兵站」て言うから逆に焦点がボケるな。
拡大の為のオペレーションを全部ひっくるめて言ってるんだろ。

物資を後方から前線に運ぶだけが兵站じゃない。人材の教育・供給から損耗した
部隊のローテーション、高級将校の選抜と人事なんかも広義の兵站。

「業績拡大を支えるオペレーションが、システムとして確立されてない」

創業者の超人的努力だけで大きくなった会社がコケる失敗の法則。
永続していくビジネスモデルが無いのに儲かっちゃうから、大きくなった後で潰れる。

96名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/09/20(土) 20:38:48.43
ライバルが存在しなければ効率性だけを最大効率化すれば良いわけだから
簡単な事なんだよ、しかし現実の戦争や経営ではライバルが存在している、
経営バランスとは拡大効率性と競争主導性とのトレードを計る行為なんだよ。

関連記事

6割が赤字 消費増税で中小零細企業の大倒産時代が到来!?

【原点回帰④】管理部門にカネをかけない。資金は商品開発や販促費などに集中させる。

事務所をきれいにしてお客様に来られても心地いいソファーを用意しようとか・・・。

記事を読む

20120612_monitoring_1

【原点回帰9】フランチャイズの活用法は看板とノウハウを短期に取得できることが長所その1

フランチャイズ本部に向かって「売上げ上がらないけどどういうつもりだ!」 とくってかかるオー

記事を読む

経営コラム

【原点回帰】社長は営業業務だけやってなさい。

あ^あ忙しい・・・。 会社が小さいと何でも自分でやりたがる。 でも総務とか作業と

記事を読む

20120612_monitoring_1

【原点回帰6】払いなくなったら国金や保証協会付けの融資から止める。

決算書の数字が悪くなってくると折り返し融資してくれません。 仕方なく支払いを止めてやり

記事を読む

ビジネスローンはつなぎ資金

ビジネスローンはつなぎ資金でしかあり得ない話

ビジネスローンはつなぎ資金でしかあり得ない話 ビジネスローンを借りるはいいが場当たり的にな

記事を読む

てんかん危険運転新法

【原点回帰5】企業理念なんていらない・・・とにかく利益が一番。

企業理念は企業経営をしていくうちに、 自然と生まれてくるもの。 それが社風であり

記事を読む

6割が赤字 消費増税で中小零細企業の大倒産時代が到来!?

【原点回帰③】経費節減はしくみづくりから始まる

従業員にいちいち小言のように経費節減と言い回っても無駄。 自分の査定や給与に響くなら別

記事を読む

20120612_monitoring_1

【原点回帰7】請求書は言われたとおりにできれば払わない。

先方が大きな会社あるいはすごく重要な会社ではないかぎり、 言われた期限での支払いはまじ

記事を読む

20120612_monitoring_1

【原点回帰10】フランチャイズの活用法は看板とノウハウを短期に取得できることが長所その2

あやしいフランチャイズとは・・・。 ノウハウが無いフランチャイズが多すぎる・・・。

記事を読む

6割が赤字 消費増税で中小零細企業の大倒産時代が到来!?

【原点回帰】従業員は引き止めないのが鉄則②

結構よくしてあげても辞めてく人材はたくさんいます。 そんな従業員に限って有能だったりし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500
ビジネスローン中小業者あるあるな風景、まず無担保ローンはありえないですよ。

オリックスやオリコ、ビジネクストなど三大ビジネスローンにはじかれた・・

借金癖をなくし会社運営できるようにする5つの方法
ビジネスローンの案内がダイレクトメールで届いてしまった場合、本当に借りていいのか?

FAX広告の受信 一度ビジネスローンの申し込みをしてしまうと・・

信用情報の怖い話
キャッシング申込みするときが一番重要で神経を使わなければならない訳

キャッシングやビジネスローンで申込みするとき、 初めて借りる方は安易

1223162556
キャッシング中毒者、キャッシングは麻薬に近い。利用する場合は強い意志を持て。経験者は語る。

今キャッシングはお手軽に借入れできるようになった。 昔のように無

信用情報の怖い話
国金の第二創業資金なんてそうそう貸し手くれない。

  創業資金なんぞ基本かしてはくれません。 実績

→もっと見る



  • にほんブログ村 経営ブログへ
    にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
    にほんブログ村 経営ブログ 経営失敗へ

PAGE TOP ↑