*

天ぷらにつける と美味しい徳島かめ井の塩がひそかなブーム?

公開日: : 最終更新日:2015/06/30 TV・メディア, 商品・グルメ

徳島県の鮨屋 かめ井で作られた「かめ井の塩」

「ヒルナンデス!」で世界のソムリエ田崎真也さんから
「天ぷらにつける と美味しい塩」としてご紹介

お寿司やお刺身ように作られたお塩にもかかわらず、
煎った糯米と塩をパウダー状にしたもので、すっぞく香ばしい風味が特徴のかめ井の塩

徳島で徳島らしい食事を楽しむなら!秋田町の かめ井
http://www.tensaku-kamei.co.jp/

関連記事

【2億円の犬】世界一高価な犬チベタン・マスティフ

【中国2億円の犬】世界一高価な犬チベタン・マスティフは戦闘力も最強

【3月19日 AFP】中国2億円の犬 中国東部・浙江(Zhejiang)省で18日に行わ

記事を読む

ロボット掃除型

平成25 年度 新入社員のタイプは「ロボット掃除機型」公益財団法人日本生産性本部

「ロボット掃除機型」 一見どれも均一的で区別がつきにくいが、部屋の隅々まで効率的に動き回り家事

記事を読む

ルーズベルトゲーム視聴率

【ルーズヴェルトゲーム 2話の感想】工藤公康の息子沖原役の工藤 阿須加いい味だしてる。

ルーズヴェルトゲーム 視聴率どうだったでしょうか? 前回より上がったかな? ルーズヴェルトゲ

記事を読む

ロボット掃除型

平成26年度 新入社員のタイプは「自動ブレーキ型」公益財団法人日本生産性本部

「自動ブレーキ型」 知識豊富で敏感。就職活動も手堅く進め、そこそこの内定を得ると、壁にぶつかる

記事を読む

WIN5とは?小藪千豊が馬券872万円的中「やったで!」

WIN5とは?小藪千豊が馬券872万円的中「やったで!」

WIN5とは JRAが指定する5つのレースそれぞれで1着となると思う馬を選び、5レース

記事を読む

【花子とアン】腹心の友とは?赤毛のアン(bosom friend)という意味の翻訳で「親友」との違いはこれだ

【花子とアン】腹心の友とは?赤毛のアン(bosom friend)という意味の翻訳で「親友」との違いはこれだ

腹心の友(bosom friend)とは? 赤毛のアンのセリフからわかると思います。 「心の

記事を読む

真田幸村2016年大河決まったけどさあ。

真田幸村〔真田信繁〕2016年大河ドラマ「真田丸」決まったけどさあ。脚本が三谷幸喜ってどうなの?

やっぱり真田幸村って忠臣とかすごくストイックなイメージがあるから、 三谷脚本でちゃかされる

記事を読む

【塚本まり子】大人AKB48はどうしてもおばさん以上には見えないのですが・・・。

【塚本まり子】大人AKB48はどうしてもおばさん以上には見えないのですが・・・。

AKBの衣装を着せるのはちょっと違うと思うんですが・・・。 おばさんにセーラー服・おじ

記事を読む

真田丸 跡地真田丸 場所真田丸 画像真田丸 合成真田丸跡大阪城真田丸

真田幸村の真田丸とは跡地は真田山公園鶴橋駅より北へ

真田丸(さなだまる)は、慶長19年(1614年)の大坂の陣(冬の陣)において、 豊臣方の真田信繁(

記事を読む

ダイオウイカ地震

ダイオウイカと東南海地震の予知関係はあるのか?

深海に生息する生物では最大級のダイオウイカが27日、志賀町の富来漁港で水揚げされた。 七尾市ののと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500
ビジネスローン中小業者あるあるな風景、まず無担保ローンはありえないですよ。

オリックスやオリコ、ビジネクストなど三大ビジネスローンにはじかれた・・

借金癖をなくし会社運営できるようにする5つの方法
ビジネスローンの案内がダイレクトメールで届いてしまった場合、本当に借りていいのか?

FAX広告の受信 一度ビジネスローンの申し込みをしてしまうと・・

信用情報の怖い話
キャッシング申込みするときが一番重要で神経を使わなければならない訳

キャッシングやビジネスローンで申込みするとき、 初めて借りる方は安易

1223162556
キャッシング中毒者、キャッシングは麻薬に近い。利用する場合は強い意志を持て。経験者は語る。

今キャッシングはお手軽に借入れできるようになった。 昔のように無

信用情報の怖い話
国金の第二創業資金なんてそうそう貸し手くれない。

  創業資金なんぞ基本かしてはくれません。 実績

→もっと見る



  • にほんブログ村 経営ブログへ
    にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
    にほんブログ村 経営ブログ 経営失敗へ

PAGE TOP ↑