*

「 雑学・語句 」 一覧

【化地蔵とは】日光山を再興した僧侶、天海の弟子たちが歴代僧侶の菩提のために刻んだという石仏群

2014/05/08 | 雑学・語句

現在残っているのは70体ほどである。 別名化地蔵と言い、数えるたびに数が違うといわれ、その名がついた。 日光山を再興した、慈眼大師天海の門弟たちが彫ったと伝えられる地蔵群。 含満ヶ淵の探

続きを見る

竹魚 読み方

2014/05/08 | 雑学・語句

サヨリ(鱵、細魚、針魚、学名:Hyporhamphus sajori)は、ダツ目・サヨリ科の海産魚。沿岸の海面近くに生息する細長い魚で、食用魚でもある。 季語 三春。

続きを見る

【十五大財閥とは】GHQによる財閥解体指令を受けた11財閥を加えたものを、特に十五大財閥と呼ぶ。その多くは解散し、6大銀行グループに取り込まれていった。

2014/05/08 | 雑学・語句

三菱財閥(創業者: 岩崎弥太郎) 住友財閥(創業者: 住友政友) 三井財閥(創業者: 三井高利) 鮎川財閥(創業者: 鮎川義介)-日産・日立グループ 浅野財閥(創業者: 浅野総一郎)-太平洋セ

続きを見る

理化学研究所とは-STAP細胞の論文を巡る問題で小保方晴子研究ユニットリーダーが所属する組織

独立行政法人理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ) 予算 844億円(2013年度) 人数 3390名(2013年4月1日時点) 設立年月日 1917年(大正6年) 設立者 渋沢栄

続きを見る

密造酒の危険性は何か?危険なのは蒸留酒だよん。メチルアルコールが危険なのです。

【ケニア密造酒80人死亡 失明も】ケニアで、密造酒を飲んだ少なくとも80人が死亡する事件が発生。 密造酒による死亡事件は比較的多い。 密造酒といってもメチルアルコールを含んだ蒸留酒がや

続きを見る

環水平アーク(=逆さ虹)は幸運なのか不幸なのかその現象はいったい何なの?

2014/05/04 | 雑学・語句

環水平アーク(=逆さ虹)を見ると幸運・縁起がいいのか? 風水的に虹がみられることは幸運らしい。 雨がやみ虹が現れることは、 結婚式の日がこんなお天気だったならふたりにとって非常に幸先の良い門

続きを見る

【花子とアン】腹心の友とは?赤毛のアン(bosom friend)という意味の翻訳で「親友」との違いはこれだ

腹心の友(bosom friend)とは? 赤毛のアンのセリフからわかると思います。 「心の奥底をうちあけられる本当の仲間よ。いままでずっと、そういう友達にめぐり会うことを夢見てきたの」

続きを見る

村八分とは・・・・仲間はずれや無視・いじめの根源。

2014/05/02 | 雑学・語句

村八分(むらはちぶ)とは日本の村落の中で掟や秩序を破った者に対して課される消極的制裁(共同絶交)行為についての俗称。・・・・仲間はずれや無視・いじめの根源。 地域の生活における十の共同行為(

続きを見る

八十八夜とはこの日に摘んだ茶は上等なのだ・・・。

2014/05/02 | 雑学・語句

2014 八十八夜意味 2014年は5月2日 立春〔2月5日ごろ〕から数えて88日目・・・春から夏へ移る境目で霜が降りることが少なくなり、農作業の準備が本格化する日。 八十八夜 お茶 あ

続きを見る

くる病の原因はビタミンDの欠乏?

ビタミンDの多い食品ベスト32 あんこうのきも 110 さけ(紅鮭) 33 ひらめ 18 たちうお 14 きくらげ(乾) 440 しらす干し(半乾燥) 61 さけ(しろ鮭)

続きを見る

PAK86_midorinomichitosyukkin20130709500
ビジネスローン中小業者あるあるな風景、まず無担保ローンはありえないですよ。

オリックスやオリコ、ビジネクストなど三大ビジネスローンにはじかれた・・

借金癖をなくし会社運営できるようにする5つの方法
ビジネスローンの案内がダイレクトメールで届いてしまった場合、本当に借りていいのか?

FAX広告の受信 一度ビジネスローンの申し込みをしてしまうと・・

信用情報の怖い話
キャッシング申込みするときが一番重要で神経を使わなければならない訳

キャッシングやビジネスローンで申込みするとき、 初めて借りる方は安易

1223162556
キャッシング中毒者、キャッシングは麻薬に近い。利用する場合は強い意志を持て。経験者は語る。

今キャッシングはお手軽に借入れできるようになった。 昔のように無

信用情報の怖い話
国金の第二創業資金なんてそうそう貸し手くれない。

  創業資金なんぞ基本かしてはくれません。 実績

→もっと見る



  • にほんブログ村 経営ブログへ
    にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ
    にほんブログ村 経営ブログ 経営失敗へ

PAGE TOP ↑